ペットと一緒に旅行がしたい!ペットもレンタカーに乗せることはできるのか

普段から旅行をしますか。旅行好きな人だと、1年に何回も旅行なんてこともあるでしょう。そして、旅行先で移動するときにレンタカーを借りるなんて人も多いでしょう。
やっぱりレンタカーの方が、時間も自由に使えて便利です。
そんな旅行にペットを連れていきたいと思いませんか。

ペットと旅行がしたい

飼っているペットも家族の一員です。時には旅行に一緒にと思うのも当たり前の心理でしょう。

その一方で、旅行に行くときに世話が頼めない、また預けることかできない場合もあります。いろいろな理由からペットと一緒に旅行をすることになるのです。
今だと飛行機に乗せたり、またホテルへペット同伴もできるところも増えていて、旅行に一緒にしやすくなっています。

レンタカーはペットは乗せられるのか

レンタカーも、ペットとしては犬と猫が基本的にオーケーとなっています。
ただし、いくつかのルールがあり、それを守れるのであればとなります。

まずは、レンタカーに乗せるときには直に乗せないということです。必ずゲージにいれないといけません。またレンタカーの種類によって入れられるゲージの大きさもあるので注意しましょう。大型犬でなければ、軽自動車でなければ大抵の犬や猫は入ると思います。

ゲージにいれる理由は、毛が抜けてしまい、それがシートや床を汚すこともあるからです。また移動中に万が一、おしっこや糞を漏らしてしまうとシートや床を汚したり、また匂いが染み付くなんてこともあります。すると、次のお客様に貸せなくなってしまうからです。

万が一、汚すなどして次のお客様に貸せなくなった場合には、事故を起こしたときと同じように罰金にあたるお金を支払いしなければなりません。注意しましょう。

ペットを乗せる時の注意事項は、できるだけ現地に行く前に連絡して確認しておきましょう。また同意書も書くことが多いので、あらかじめ書いて捺印もしておくか、印鑑も念のために持っておきましょう。

ゲージにいれた方が安全

車に慣れていない犬や猫だと、乗せると暴れる可能性もあります。安全運転のためにも、ゲージに入れるようにしましょう。また犬や猫の体調も見ながら運転も心がけましょう。

犬や猫といったペットを飼いたいけど、アレルギーが心配な人たちへ


犬や猫など、ペットを飼う人も年々増えています。特に猫は空前の一大ブームとなっており、猫をペットにする人はこれからもますます増えてくるでしょう。

そんなペットを飼いたいとは裏腹に、ペットを飼ってみたら、飼い主自身が体調を悪くしたなんて話もあります。これってどういうことでしょうか。

実はアレルギー反応がおきている

あなたの周りに犬や猫のアレルギー反応を持っている人はいませんか。アレルギー反応と聞くと、何かしら特別な反応のようにも聞こえます。
多くの人で必ずしも発症するというわけではありませんが、ペットを飼うことで発症してしまうこともあるのです。

アレルギー反応が起きると、たとえば肌が痒くなったり、また肌荒れや炎症が出たりすることもあります。
また、喉などでアレルギー反応がおきると、気管支が腫れてしまい、呼吸が苦しくなってしまいます。ぜんそくのような症状を起こすのです。ちなみにぜんそくも気管支の病気ですが、原因はアレルギー反応です。

こういったアレルギー反応は子どもの頃は出ていなくても、大人になってからも出てくるので、自分は大丈夫と決めつけるのはよくありません。

犬や猫を飼ってなぜ、アレルギーになるのか

犬や猫を飼うと、これまでよりはダニが増える可能性が高くなります。するとダニが人についてしまい、それが原因で皮膚などのアレルギー反応を起こしたりするのです。

また犬や猫を飼うと、目に見えない細かな体毛が空気中に漂ったりもします。知らないうちに細かな毛も吸い込んでいるかもしれません。そうなると、喉への炎症も起こりやすくなります。するとぜんそくのような呼吸が苦しくなったりするのです。

予防するにはどうしたらいいのか

こうしたアレルギー反応の原因を防ぐためには、犬や猫をこまめにシャンプーやブラッシングをしてダニやノミを駆除したり、カーペットならば掃除をこまめにするなどして、犬や猫はもちろん、部屋も清潔にすることです。
また、寝室には犬や猫は入れない、このスペースだけで犬や猫を遊ばせるといった区割りも必要でしょう。

せっかく犬や猫を飼うのですから、アレルギーなど自分の健康にも気をつけたいものです。